古都の宴 壱の宴 風雅のこころ

俳人の講演,横笛の演奏,お香のオリエンテーリング,生花パフォーマンス。

日 時
平成20年9月20日(土)18:00から 「風雅のこころ」公演終了
会 場
青蓮院 宸殿
出 演
黛まどか(俳人)
藤舎名生(横笛奏者)
笹岡隆甫(華道「未生流笹岡」次期家元)
料 金
〈前売〉3,800円 〈当日〉4,300円

公演の様子

黛まどか

黛まどか

俳人。神奈川県生まれ。1994年,「B面の夏」50句で第40回角川俳句賞奨励賞受賞。同年,俳句サークル「東京ヘップバーン」発足。1996年,俳句誌「月刊ヘップバーン」創刊・主宰(2006年,通巻100号を機に終刊)。2002年,『京都の恋』で第2回山本健吉文学賞受賞。2005年より「日本再発見塾」の呼びかけ人代表。


藤舎名生

藤舎名生

1941年東京都人形町生まれ。古典のかたわら,歌舞伎,舞踊,ジャズ,クラシック,ポップス等,各界のアーティストと共演。ニューヨークのカーネギー・ホールやチェコ,ドイツで公演を行うなど,国内外で幅広く音楽活動を行っている。


笹岡隆甫

笹岡隆甫

華道「未生流笹岡」次期家元。
1974年、京都生まれ。
3歳より当代家元の指導を受ける。
多分野の舞台とのコラボレーション「いけばなパフォーマンス」など、精力的に活動。


>>ページトップへ戻る